これはなんでしょう?

これはなんでしょう?

りんご

アラビア語手話の指文字辞書です

指文字辞書の表紙

卓上カレンダーのようですが、1枚ずつめくるとアラビア語のアルファベット順に指文字、
そのアルファベットが入った単語と絵、反対側には実物の写真があります。
ガザ地区での聴覚障がい児の教育目的で、アトファルナろう学校と当会が作りました。

小さな子どもから大人まで使える優れものです。

台所にりんごがあったら、りんごのページを見せて、
実物と絵が同じものであることを指で示し、それを手話でも見せる。
最初はわからなくてもいいのです。
繰り返すことで、子どもはだんだん覚えていきます。

小さな子どもに最初から指文字を覚えさせる必要はありません。
でも、「りんご」は手話で表現するだけでなく、
「り・ん・ご」と一文字ずつ指文字で表すこともできるわけで、
この簡単な辞書を使いながらアルファベットを教えることができるのです。

昨年からアトファルナろう学校と一緒に、
0~5才の聴覚に障がいのある乳幼児と家族を対象とした
早期支援の活動に取り組んでいます。

手話コースに参加した母親や父親は最初のうちは控えめですが、
6週間後に修了するときは「もっと学びたい!」ととても積極的です。
この辞書は手話を学んだお母さんたちが、家で復習のために使うこともできますし、
子どもと一緒に遊ぶこともできます。

アラビア語の勉強をこれから始めよう、という人にも役立ちますね。

※アトファルナろう学校は、1992年に当会が支援をして開校した
ガザで初めての聴覚障がい児の教育機関です。
最初27人でスタートした学校には、現在では300人以上の子どもが通っています。

2016.02.11 | | 2016ガザ・パレスチナ

«  | ホーム |  »