シリア難民・パレスチナ難民支援

シリア難民・パレスチナ難民支援の報告

今年はシリア難民の苦難が大きく報道されました。
パレスチナ子どものキャンペーンでは、2012年からシリア難民支援を継続しています。
シリア難民は国外に逃れている人だけでもすでに500万人近く、国内避難民も700万人と言われます。

その中でもシリアの隣国レバノンには120万人近い難民が押し寄せ、
レバノンでは人口の3人に1人が難民です。
レバノンには、シリア難民以外にも30万人以上のパレスチナ難民が
70年近く避難生活を送っているからです。

【越冬支援】

山岳部で避難生活を送る1200世帯に燃料支援を開始しました。
また、幼稚園児や小学生への防寒着や靴の配布、給食も行っています。
夜間は零下8度になる日もある山岳地帯で
窓のガラスもないようなシェルターに住んでいる人には、燃料や暖かい衣類の配布は死活問題です。

燃料配布

防寒着配布1

【給食や食料配布】

シリア難民の45%が1日1食しか食事をしていないという統計もあります。
成長期の子どもたちへの給食の提供は大変好評です。

幼稚園給食提供

【乳児とお母さん支援】

シリア難民世帯では25%に乳児がいます。
最初の冬を迎える乳児とそのお母さんを対象に、紙おむつや離乳食、消毒剤などの
育児用品の配布と育児に関する講習なども実施しています。
水や洗剤が入手できない生活では、高価な紙おむつも必需品なのです。

赤ちゃん


【子ども歯科や心理サポート】

難民キャンプの子どもたちに対して、歯科検診と治療を行っています。
また、深刻なトラウマやPTSD、鬱の子どもたちに対する精神科医師や臨床心理士による
診療とカウンセリングを長期にわたって実施しています。
こうした医療支援を受けている子どもたちは年間で1万人を超えています。

子ども歯科検診

レバノンには公式のシリア難民キャンプがないため、多くの人たちがパレスチナ難民キャンプに流入し、
パレスチナ難民キャンプの人口は場所によっては倍近くになり、ただでさえ劣悪な環境がさらに悪化しています。
また、シリア難民の1割はパレスチナ人で、70年前に難民としてシリアに逃れた人たちが、再び難民となって
シリアを追われています。当会では30年ほど前からパレスチナ難民キャンプで支援をしてきましたが、
この3年はパレスチナ難民キャンプに入ってくるシリア難民への支援もパレスチナ難民支援と同時に行っています。
皆様のご支援をお願いします。


2015.12.25 | | 2015レバノン・シリア

«  | ホーム |  »