攻撃にさらされているガザの市民から



2014年7月8日 21:52

ガザが攻撃にさらされている!

子どもたちは怯えている「パパなにが起こっているの?」。
何と説明しようか、、、どうやったら、ガザ地区全土が戦争の最前線になっていて、
激しい軍事行動が行われていると説明できるだろう?

6歳の息子が聞く「カウレさん一家には何が起こったの?」。
ラジオのニュースを聞いてひどくいらだっている。
子どもや老人が屋根の上にいたところに、イスラエルが爆撃をして7人が犠牲になった家族だ。

ラマダン中なので、午後は買い物に出かけたが、ガザの町はまるでゴーストタウンだった。
中心街の近くで僕がタクシーに飛び乗ったころ、そのすぐ近くでイスラエル空軍は3人が乗っている車を爆撃した。
僕のタクシーはすぐにその場を走り去ったが、焼け焦げた3人の死体のイメージが頭から離れられない。

日が沈み、さらに17人のパレスチナ人が殺された。そのうち少なくとも8人は子どもだった。
まったく何てことになっているんだ???

普通の市民の家が標的になっている!!!!武器などある筈もないのに!
「こちらはイスラエル軍。5分で家から出ろ!家を倒壊する。」(イスラエル軍は爆撃の前に警告の電話をかけている。)
なぜ?誰にも理解さえできない。

恐怖の夜がくることは予想していた。でも電灯くらいはついていてほしい(停電なのだ)。

イスラエル海軍が海上から激しくガザを爆撃しているって、本当に耐えられない。
自分の家に今にも爆弾が降って来そうな感じだね。

僕らは攻撃されている。僕らはただ自由が欲しいだけなのに、、、抵抗運動しているだけなんだ。
ガザ封鎖をやめてほしいだけ。理由もなく逮捕されてている600人の自由を求めているだけ。
イスラエルに西岸、エルサレム、そしてガザへの攻撃をやめてほしいだけなんだ。
僕らの夢は2つの国が共存すること。でも、そんな夢を見ることさえ許されないみたいだね。

夜中までにイスラエル空軍は人がまだ中にいる家を狙い、男3人、女2人、そして幼い娘一人の家族全員を殺害した。
いまやイスラエル軍は集合住宅を標的にし始めている。

2014年7月9日 0:08

攻撃初日が終わったが、北部ベイト・ハヌーンの6人の一般市民がさらに犠牲になった。
そのうち2人は女性、そしてもう2人が子どもたち。

2014年7月9日 1:22
ガザ攻撃2日目

眠れない!!心配と疲労のためだ。
ドローン(無人偵察機)、アパッチ(戦闘用ヘリ)、F16戦闘機、全部が空中を駆け巡っている!

家の窓を全部開けるのを忘れてはいけない(窓が完全に閉まっていると爆風の圧力でガラスが飛散するから)。
寝ている子どもたちがとても心配だ。

爆撃の音が聞こえる、、でもまだ遠いようだ。今はそれだけ。

新しい日は、「ガザ南部ラファで2人が殺れた」で始まった。

2014.07.09 | | 2014パレスチナ

«  | ホーム |  »