ガザ訪問報告

ガザ訪問団の一人、当会本田理事による報告です。 
----------------------------------------------------

7年ぶりに今日2014年10月12日から、パレスチナ子どものキャンペーン(CCP)事務局長田中好子さん、同エルサレム事務所の手島さんと一緒にパレスチナを訪問しています。1日目からガザに入りました。今回小生の訪問は、同NGOの理事として、医療関係の被害状況の視察などを目的としています。
ガザでCCPが支援している農業や母子支援事業の細かい報告は、田中さん手島さんが、CCPのホームページなどで近くしてくださると思いますが、訪問中私がふと気づいたこと、心を打たれたことを、写真を交えた短い言葉でお伝えします。

シュジェィアは、帯(ストリップ)と称される、ガザの北東に位置する地域ですが、今回イスラエル兵15名がハマスとの激しい戦闘の末犠牲になったことから、軍による無差別の爆弾攻撃やブルドーザーによって300世帯が破壊されたところです。視界の360度を見渡し壊されていない家、建物はないという感じになっています。

1) この写真は民家の1枚ですが、車いすが壊れた建物からぶら下がっているのが確認できます。この家に住んでいた、車いすのお年寄りか障害を持つ人はどうなったのだろうかと、心を痛めました。
1.jpg

2) やはりシュジェイアの1枚。イスラエルの兵が侵入し、屋内をめちゃくちゃにされ、壁も弾丸で穴だらけにされ、ひどい落書きまでされた家の狭い庭に、一本だけ、かろうじて生き残った、痩せたオリーブの木。すこしですが、立派にオリーブの実をつけていました。硝煙と砂埃を浴びて白く煤けた、けなげなオリーブよ、がんばれ!
2.jpg

3) シュジェイアの破壊しつくされた一画の通りの角に一本だけ水を出す水道栓。人々の乾いた喉を潤している。
3.jpg

4) 住む家がなくなっても屈託なく笑う子どもたち。
4.jpg


5) 廃墟の空を覆う美しい雲。
5.jpg






2014.10.16 | | 2014ガザ

«  | ホーム |  »