ガザ紛争:ゴールドストーン勧告の実現に関する共同要請書

ガザ紛争:
ゴールドストーン勧告の実現に関する共同要請書

2009年10月20日
外務大臣
岡田 克也 殿


日本政府に対し、パレスチナ・ガザ地区における人権侵害の責任追求と人権の回復のために、ゴールドストーン報告書を支持し、その勧告が実現するように力を尽くすことを要請します。

2008年12月以降ガザ地区は、イスラエルによって攻撃を受け、約3週間で1400名余の人々が犠牲になり、その多くが子どもや女性を含む民間人でした。また、食糧、水、建設資材などに関係する非軍事施設も多数破壊されました。これだけの民間人の犠牲が出ているにも関わらず、イスラエル及びパレスチナ側の両者は適切な調査及び責任追及を行っておらず、深刻な人権侵害が不処罰のまま放置されています。

国連人権理事会の委任に基づくゴールドストーン判事率いる国連独立調査団は、イスラエルの完全非協力のもとで、現地調査を含む国際人道・人権法違反に関する徹底した調査を行いました。同調査団は2009年9月15日、イスラエル及びパレスチナ武装勢力双方の行為が戦争犯罪に相当する(人道に対する罪に該当する可能性もあると指摘)と結論付ける報告書を国連人権理事会に提出しました。

10月16日に行われた国連人権理事会第12回特別セッションは、同報告書を歓迎し、報告書に記載されたすべての勧告を支持するとともに、国連機関を含む関連機関に対して勧告をすみやかに実施するよう求める決議を賛成多数により採択しました。日本政府はこの決議に棄権しており、私たちは、日本政府が棄権したことに対し遺憾の意を表明します。イスラエル・パレスチナの紛争において、最も深刻な問題である人権侵害を放置したまま、真の和平を実現することはできません。これから行われる国連安全保障理事会及び国連総会では、日本政府は人権理事会で採択された決議を尊重し、より国際社会と協調し、国際法に基づく平和の実現を推し進める役割を期待されています。


同報告書は、国連安全保障理事会に対して、以下の勧告をしています。

・ 国連安全保障理事会が、イスラエル政府に対し、同報告書の指摘する国際人権・人道   法違反を3ヶ月以内に国際基準に則り調査し、その後3ヶ月以内に安全保障理事会に報告するように要求する。(報告書パラグラフ1969 (a)(i)(ii))
・ 国連安全保障理事会が専門家委員会を設置し、イスラエルによる調査の進捗状況をモニターし、報告する。(報告書パラグラフ1969 (b))
・ イスラエルが上記の調査を6ヶ月以内に行わない場合は、国連安全保障理事会は、この問題を国際刑事裁判所に付託する。(報告書パラグラフ1969 (c))

また、同報告書は国連総会に対しても、以下の勧告をしています。

・ 安全保障理事会が講じた同報告書の指摘する国際人権・人道法違反の責任追及に関する対策を、国連総会に報告するように要請する。(報告書パラグラフ1971 (a))
国連総会は、平和のための結集決議377(V)における措置を含む、正義のために必要な追加措置を取る必要性を検討する。(報告書パラグラフ1971 (a))10月16日の人権理事会決議は、特に、現在行われている国連総会において、ゴールドストーン報告について議論が行われるよう求めています。

イスラエル・パレスチナにおける国際法による正義の実現と、それに基づく平和への道を確実なものとするためには、上記勧告の速やかな履行が必要です。日本は、国連総会の一員、そして安保理の非常任理事国として、問題の解決に積極的な役割を果たしうる立場にあります。

よって、私たちは、日本政府に対し、10月16日の国連人権理事会第12回特別セッションにおいて日本政府が同報告書に関わる決議採択にあたり棄権した理由の開示を求めると共に、ゴールドストーン報告書とその勧告を討議する国連安全保障理事会及び国連総会において、上記勧告が適切に履行されるように積極的に働きかけることを要請します。

また、ゴールドストーン報告書はイスラエル政府による今回の軍事作戦以前から続くガザ地区の封鎖を「集団的懲罰」に相当するとし、ジュネーブ条約に違反すると結論づけています(第4条約第23条及び第33条)。さらに、同報告書はイスラエル政府がガザ地区の封鎖を解除し、家屋の再建、住民に必要なサービスおよび経済活動のために必要な物流を許可し、国際人権基準に則ってガザ地区を含む被占領パレスチナ地域の移動の自由を認めるよう勧告しています(報告書パラグラフ1972(a)(d))。

したがって私たちは、日本政府が、早急にガザ地区の封鎖を解除するようイスラエル政府に働きかけることを要請します。

2009年10月20日

共同要請団体

社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」
日本YWCA
特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
パレスチナの子供の里親運動
ピースボート
特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ

テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

2009.10.25 | | 2009年 【ガザ】

ガザの問題はこれからだ!

転送転載大歓迎

パレスチナ子どものキャンペーンです。

=====================
3週間の死者1300人、その32%が子ども
=====================

イスラエルとハマスがそれぞれ一方的な停戦宣言をして、ほぼ1日たちました。
いまのところ停戦は続いていて、人々がようやく動きだしましたが、ガザでは誰
もがこの「停戦」を懐疑的にみています。

破壊の全貌が見えてきました。昨日のOCHA(国連人道支援調整室)の報告書によ
れば、12月27日からの死者の総数は、1300人に上っています。
そのうち410人が子ども、104人が女性です。また、負傷者は5300人で、1855人が
子ども、795人が女性です。同じ期間、イスラエル側の死者は、兵士9人、民間人
4人、負傷者84人。

===================
10万人が家を失い、6万人が避難所生活
===================

ガザ市のアムジャッドさんに、18日(現地昼)に聞きました。

「10万人が家を失い、6万人が国連の学校へ避難し、数万人が親戚の家に身を
寄せている。食料や燃料、電気などは相変わらず届かず、国連は50万人が水道に
アクセスできていないといっている。

ガザでは、人口を養うために1日にトラック500台分の物資が必要なのに、いま
だに10分の1程度しか搬入されていないし、配給も進んでいない。

また、停戦になって多くの人が自分の家の様子を見に行って、破壊のあまりの酷
さに、パニックになっている。砲撃だけでなく、地上軍による見境のない破壊も
目立つ。

イスラエル軍の撤退して、ようやく医療チームが入れた地域では、数多くの遺体
や負傷者が新たに発見された。ガザでは大人も子どもみながショックを受け、サ
ポートが必要だ」

==============
ガザの問題は終わっていない!
==============

この3週間、ただただ多くの生命が奪われガザは破壊されました。

アメリカ大統領就任式やイスラエルの選挙などを間近に控えて、ようやく「停戦」
になったとはいえ、これはいつ壊れるか分からない砂上の楼閣のようなものです。

市民が安心して生活できる、また、救援活動が有効になるよう真の意味での停戦
の実現に向けて、国際社会の監視が必要です。

そして、封鎖解除や占領の終結などパレスチナ問題の政治的な解決が達成されな
い限り、今後も破壊と殺戮が繰り返され、人々の生命が奪われ続ける危険性は少
しも減っていません。

「ガザの問題は終わっていないし、むしろこれからだ!」と、声を大にします。

パレスチナ子どものキャンペーンでは、引き続き、「ガザのいのちを守ろう!」
「ガザのことを日本中に知らせよう!」を掲げて、現地での救援活動を続けます。

「アトファルナろう学校」や「ナワール子どもセンター」を中心に、地域の子ど
もたち、障がい者の方たちへの心理サポートを、できるだけ早く開始します。
レバノンやジェニンでのこれまでの当会の経験を生かします。

===========
封鎖解除を国際世論に
===========

戦争によって、封鎖がいかに非人道的なものか、国際社会にも分かってきました。

攻撃を受けた市民の逃げ場がない、救援物資さえ届かないのは封鎖が原因です。
引き続き、「ガザ封鎖解除を求める署名」を続けています。
(現在ネット上だけで4700人を超えました。)

ネットからの署名は、http://www.shomei.tv/project-433.html

署名用紙は当会ホームページ( http://ccp-ngo.jp/ )からダウンロードしてください。

=========
ご協力のお願い
=========

*「ガザのいのちを守りたい」という絵ハガキセットを作りました。

アトファルナろう学校の子どもたちの写真や絵画、ナワール子どもセンターの写
真、ガザの風景など、ガザの人と生活に思いを馳せる短い説明もついています。
また、差出人が短いメッセージを書けるようになっています。
ご寄付頂いた方でご希望の方に差し上げます。

郵便振替口座:00160-7-177367
  パレスチナ子どものキャンペーン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*「ガザのことを日本中に知らせてください」

友人知人に、あらためてガザのことを伝えてください。
上記のハガキを出していただくことでも、あなたのメッセージは伝わります。

メディアや議員などにも、あなたのメッセージを伝えて、世論を作りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*救援募金を受け付けています

★郵便振替:加入者名 パレスチナ子供のキャンペーン
      口座番号 00160-7-177367

★銀行振込み:みずほ銀行 高田馬場支店 普通8030448
       パレスチナ子どものキャンペーン
(銀行振込みの場合、領収書が必要な方は、住所とお名前をお知らせください)

★クレジットカードとクリック募金:イーココロ!
  http://www.ekokoro.jp/urgency/urg-1.html
   (封鎖解除の「署名TV」の姉妹サイト)

★クレジットカード&ジャパンネット銀行決済:オンライン寄付サイト「Give One}
  http://www.giveone.net/cp/pg/TopPage.aspx

2009.01.20 | | 2009年 【ガザ】

【ガザからの声】 1月18日

1月18日、ガザの人たちに電話で様子を聞きました。

==================================================
・マジダさん(ハンユニス、ナワールセンター職員)

(停戦したといっても)事態はまだ変わっていません。飛行機は上空を飛んでいますし、私たちは仕事に戻っていません。ガザ市と南部は切り離されたままですし、私たちは様子をうかがっているところです。

大変たくさんの人々が避難民になって、逃げ回っています。ガザ中の学校が避難場所になっています。また、親戚などの家に逃げている人もいます。家を失った人たちがたくさんいて、戻る場所がありません。学校はもちろん休校しています。

私たちも子どもたちや家族に物を配ったりしていますが、こうした救援が必要な家族は膨大で、私たちの手に余ります。従来対象にしていた子どもの数は数百人でしたが、いま支援を必要としているのは何千人も何万人もの子どもなのです。

また、大変に寒いです。雨も降っています。電気も無いし、燃料もなく、暖を取るために木を燃やしている人もいますが、この地域には燃料となるものはほとんど残っていません。

明日にはセンターに戻るつもりですが、まだ状況は不確かです。

物資については、エジプト側から入れられるようです。しかし、入れる許可を取るのに2週間から4週間かかります。ハンユニスにある全ての物資は全て買い上げて配ってしまいました。市場には何も残っていません。


==================================================
・アムジャッドさん(ガザ市、NGO職員)

現在、(停戦という報せを聞いて)人々は避難所を出て、自宅やアパートが破壊されていないか見にでかけています。 破壊の状況は地域によって違っていて、完全に破壊されたところと部分的な破壊のところがありますが、容赦ない破壊が広がっています。

物資補給の問題は、人道支援へのアクセスです。ガザには一日40から80台のトラックしか入ってきません。しかもトラックの半分は、商業用の品物で、UNRWAやNGOのような国際的な人道支援は残り半分でしかありません。150万人の住むガザに必要な物資を届けるには、通常の状態でも最低500台のトラックが必要なのにもかかわらず、です。

OCHA(国連人道支援調整室)に聞いたところでは、2005年12月には、1日で1万1千台のトラックがガザに入っていました。それが今は十分の一以下です。そんなのはゼロに等しい。そのほとんどは医療用品を運んでいて、食料や生活物資については最低限しか入ってきません。

ガザでは今、給与が払われていませんし、ものを買うための現金がありません。銀行が機能しておらず、預金があっても引き出せないのです。(パレスチナではイスラエルの通貨を使っており、イスラエルがガザに通貨を供給しないことが原因)

10万人が家を失い、6万人が避難所で暮らしていると聞いています。どの家も避難してきた知人や親戚たちを抱えて1軒に2-3家族が住んでいます。そのため衛生上の問題がありますし、また缶詰だけなど、わずかの必要物資しか受け取っていません。調理用ガス、電気に水も、もちろんありません。人は飲み水がないと生きていけないのに、水道水はろ過されていないし、ほんのわずかな量しか手に入りません。

イスラエル軍が撤退して、ようやく医療チームが入ることのできたガザ北部の地域では、新たに数多くの遺体が発見されました。子どもや女性などへの心理的なサポートが必要です。一家が全て犠牲になり、生き残っていた12歳と13歳の少女がエジプトの病院に運ばれたという話も聞きましたが、これはたくさんある悲劇の一つでしかありません。

2009.01.20 | | 2009年 【ガザ】

【ガザからの声】 1月15日16:30  戦車が500メートル先に

戦車が500メートル先に

国連の本部が攻撃されました。今、私の家族と一緒に家にいますが、家から500mのところにイスラエル軍の戦車がいて外にでることができません。これまでで最悪の日です。

彼らはテル・アル・ハワ地区に侵入し、次に小麦が保管されていたUNRWA(国連)本部を攻撃して火事が起きました。テル・アル・ハワ地区の人々は、女性も子どもも通りに出て逃げ出しました。この地域は人口密集した住宅地です。男たちが集められ、建物が取り上げられて火がつけられました。あらゆる方向から爆撃と砲火を浴びせ、アブダビのジャーナリスト2人が負傷し、1人は重傷です。

今、新たな空爆が始まりました。(爆発音)

イスラエルは状況をどんどんエスカレートさせています。今、人々は家を離れてあちこちに動き回っています。あらゆる方向から攻撃を受けているので、どこにも行けず、人々はただ動き回るだけです。いろいろな地域が攻撃を受けています。そのような地域から人々は逃げ出しています。

昨夜は朝まで恐ろしい時を過ごしました。銃撃が連続しています。

(また爆発音を飛翔体の飛行音)

多くの人々が残骸の下敷きになっています。パレスチナ赤新月社が運営しているアル・クッズ病院も攻撃を受けました。ここには500人のパレスチナ人が避難しています。この病院もテル・アル・ハワ地区にあります。病院も救急車も民間防衛局も消防署も、全てが攻撃されています。多くが負傷したり死んだりしています。

多くの人がただ逃げ回っています。今日の午後は多くの人がただ毛布やかばんだけを持って攻撃された地域からこちらに逃げてきています。テル・アル・ハワ地区の人々は国連本部に逃げ込んでいましたが、そこも攻撃されました。イスラエルは攻撃してUNRWA職員と避難民の3人が負傷しました。ここにはUNRWA本部のオフィスと倉庫がありました。

大きな問題は、この施設には石油が備蓄されていたことです。石油やガスの備蓄が破壊されたのは破局的です。これらの燃料は病院や井戸から水をくみ上げる施設に供給されていました。ガソリンや燃料はUNRWAだけにしかなかったのです。石油は攻撃目標になった二つのものの一つです。もう一つは小麦粉でした。もうガザには小麦も石油もありません。

空爆は無差別で、攻撃はあらゆる方角に向けられています。ただ殺すだけです。皆さんによろしく。

(ガザ市に住むNGO職員のアムジャッドさんと電話で話しました。受話器の向こう側から爆発音が聞こえています。アムジャッドには2人の小さな娘がいます。電話で話すことしかないできない自分の無力さがとても辛い。)

2009.01.16 | | 2009年 【ガザ】

【ガザからの声】 ノルウェー人医療チーム 音声が聞けます

ノルウェー医療チームとシファ病院を支援しよう



  ガザでは、すでに800人を超す市民が犠牲となっています。また、そのうちの4割近くが子どもと女性です。多くの負傷者が運ばれているのは、ガザ市のシファ病院です。この公立の病院はガザ市でもっとも大きなものですが、すでにベッドは万床で、手術器具もないまま、スタッフたちは使い捨ての器具を洗って再使用するなどのなかで、懸命の活動をしています。

  このシファ病院にはノルウェーの医療チームが空爆開始直後に入り、現地の医療チームと一緒に活動をしています。すでに、1月10日、これまでいた二人の外科医がオスロに戻り、代わりの新しい外科医たちがはいっています。彼らが、ガザにいるおそらく唯一の欧米人です。

ノルウェーの外科医のインタビュー (BBC放送英語)
    http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7823410.stm

  「昨日は一度に200人の負傷者が運ばれてきました。その様子は外の世界には想像できないでしょう。補給もなく、スタッフはカロリーメートと栄養ビスケットを食べています」と、現在もガザにとどまっている麻酔看護師のビョルクリードさんは、数日前に電話で話していました。

  ビョルクリードさんは、12月に来日し、当会が主催した「市民にできることは何だ?」というシンポジウムに参加してくれました。その後オスロに戻ってすぐ、今回のガザでの戦争が始まり、医療コーディネーターとしてビョルクリードさんはガザに入ったのです。

  ノルウェー救援会と当会は、レバノン、またガザでの支援活動で連携してきたことから、日本でのシンポジウムにビョルクリードさんが来てくれたのです。
 
  現在、パレスチナ子どものキャンペーンでは、このノルウェー医療チームを通して、シファ病院を支援しています。

  「病院には補給もなく、窓ガラスも割れ、補給を取りに行きたくても危険すぎて取りにいけない」とこれまでも多くの戦場での医療経験をもつビョルクリードさんは電話で当会に語っています。(近日中に、ネット上でインタビューを聞けるようにします。)


ぜひ、崩壊寸前のガザの医療を支え、一人でも多くの生命が救えるよう、私たちも力を合わせましょう。ガザの人たちはいま声を出すことができません。かわりに、ガザの声をあなたが伝えてください。

また、一人でも多くの生命を救うために、ガザ支援募金にもご協力ください。

募金については以下をご参照ください。

http://ccp-ngo.jp/bokin.html


2009.01.13 | | 2009年 【ガザ】

«  | ホーム |  »