シリア危機からも5年


シリア危機が始まって5年たちました。
500万人近い難民の状況について、国連が出した最新の声明を紹介します。

国連 シリアに関する共同ステートメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

5年にも及ぶ残酷で無意味なこの紛争によって、25万人以上のシリア国民が殺害され、
人口の半数以上が恐怖と欠乏のため避難生活を余儀なくされています。
特に460万人もの人々が、そこからほとんど逃れることの出来ない、
そして援助も届かないような場所で生死の境ともいえる状況におかれています。
さらに480万人もの人々が祖国を離れました。
今日のシリアは、場所によってはかつての姿が変わり果て、その再建は何世代にもわたることとなるでしょう。

他方、過去数週間にかけて、深刻な状況の好転につながるかもしれないという兆し、
あるいは壊れやすくともかすかな希望の光が見えるようになってきました。
投下される爆弾の数が減少し、いくつかの場所で人道アクセスが拡大し、
すべての交渉当事者が集まって対話するための準備を進めています。
人道支援活動に携わる者として、実際の状況変化につながるこうした進展を歓迎します。

国連、非政府組織(NGO)、そして他のパートナー機関は、
長きに渡りいかなる支援を受け取ることも出来なかった人々に支援を届けるべく
新たな機会をつかみました。危険と不確実性にもかかわらず、
私たちは支援を届けるための新しい方法を試み、またそのための交渉にも継続的に取り組んでいます。
2016年初め以来、通常の支援、そして先日実現した、包囲されている街への物資搬入を通じて、
600万人以上の人々に何とか支援を届けることが出来ました。

しかし私たちは、この紛争のすべての戦闘当事者が一般市民や学校、市場、そして病院に対する攻撃を止めるまで、
彼らが義務を果さなければならないことを訴え、またその暴力行為に対して法的責任を負うことを求め続けます。
またチェックポイントで、医療物資や機器がいまだに取り除かれていることは到底受け入れられません。

支援を必要としているすべての人々のために、安全で妨げられることのないアクセスを
戦闘当事者が十分保障するまで、私たちはそれがどんなに困難であろうとも、
ありとあらゆる手段を通じて、一般市民に支援が届くよう取り組みます。
実際現在では、包囲された地域でより多くの人々に支援が届けられるようになったのです。
しかし、緊急援助と保護を必要としているにもかかわらず、
包囲地域に住むシリア人の実に5人に1人にあたる人々に近づくことがまだ出来ていません。

また何ヶ月以上も遮断されてきた地域に基本的な支援物資を届けられるようになってきたものの、
十分ではありません。例えば、50万人もの人々が戦闘の前線に晒されているホムス郊外北部や
アレッポ市街の状況を極めて憂慮しています。またIS支配地域には200万人もの人々が暮らしています。

私たちはパートナー機関とともにこうした地域に対しても支援を届ける用意があります。
国連は、これまでアクセス出来なかった包囲地域を含め、人道支援活動が困難となっている地域での
支援を実現するため、すべての戦闘当事者とアクセスの交渉を粘り強く続けます。

3月15日から紛争が6年目を迎えるのを目にしたい人はいないでしょう。
シリアで暮らす若者たちが希望を持って祖国の将来を築いていけるように。
教育と保健医療サービス、住まいや仕事を得られるように。
そして人生には恐怖と暴力と空腹以上の意味がある、そう信じられるようにしなければなりません。

シリア国内および国際的なすべての当事者に対して、シリア紛争が5周年で最後となるよう、
そして政治的対話が真の平和とシリアの災禍に終わりをもたらすよう、私たちは声を合わせ強く求めます。

2016年 3月11日
ニューヨーク/ジュネーブ/ローマ/アンマン

署名者
スティーブン・オブライアン 国連事務次長(人道問題) 兼 緊急援助調整官
アーサリン・カズン WFP 国連世界食糧計画(国連WFP)事務局長
アンソニー・レイク 国連児童基金(UNICEF)事務局長
フィリッポ・グランディ 国連難民高等弁務官(UNHCR)
マーガレット・チャン 世界保健機関(WHO)事務局長
ウィリアム・レイシー=スウィング 国際移住機関(IOM)事務局長
ピエール・クレヘンビュール 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)事務局長
ヘレン・クラーク 国連開発計画(UNDP)総裁
サミュエル・ウォーシントン 
インターアクション(InterAction)チーフ・エグゼクティブ・オフィサー 
レイラ・ゼルギー 国連事務総長特別代表(子どもと武力紛争)
ザイナブ・ハワ・バングーラ 国連事務総長特別代表(紛争下の性的暴力)
*日本語訳・国連人道問題調整事務所(OCHA)神戸事務所

2016.03.15 | | 2016レバノン・シリア

これはなんでしょう?

これはなんでしょう?

りんご

アラビア語手話の指文字辞書です

指文字辞書の表紙

卓上カレンダーのようですが、1枚ずつめくるとアラビア語のアルファベット順に指文字、
そのアルファベットが入った単語と絵、反対側には実物の写真があります。
ガザ地区での聴覚障がい児の教育目的で、アトファルナろう学校と当会が作りました。

小さな子どもから大人まで使える優れものです。

台所にりんごがあったら、りんごのページを見せて、
実物と絵が同じものであることを指で示し、それを手話でも見せる。
最初はわからなくてもいいのです。
繰り返すことで、子どもはだんだん覚えていきます。

小さな子どもに最初から指文字を覚えさせる必要はありません。
でも、「りんご」は手話で表現するだけでなく、
「り・ん・ご」と一文字ずつ指文字で表すこともできるわけで、
この簡単な辞書を使いながらアルファベットを教えることができるのです。

昨年からアトファルナろう学校と一緒に、
0~5才の聴覚に障がいのある乳幼児と家族を対象とした
早期支援の活動に取り組んでいます。

手話コースに参加した母親や父親は最初のうちは控えめですが、
6週間後に修了するときは「もっと学びたい!」ととても積極的です。
この辞書は手話を学んだお母さんたちが、家で復習のために使うこともできますし、
子どもと一緒に遊ぶこともできます。

アラビア語の勉強をこれから始めよう、という人にも役立ちますね。

※アトファルナろう学校は、1992年に当会が支援をして開校した
ガザで初めての聴覚障がい児の教育機関です。
最初27人でスタートした学校には、現在では300人以上の子どもが通っています。

2016.02.11 | | 2016ガザ・パレスチナ

ガザの洪水


ガザでは洪水で多くの家族が避難

Khanyounis (2)
(写真は地元メディアの報道から)


1月24日より26日にかけて、ガザは荒天により強風と冷たい雨、霰に見舞われ、
洪水により各地で避難する世帯が多く出るなど、緊急支援の必要が高まりました

避難を余儀なくされた世帯は、ガザ北部で220世帯、ガザ中部で250世帯、
ハンユニスでは800世帯に上りました。
特にハンユニスでは、カラーラやホザなどの2014年の戦争で被害が大きかった地域や、
家を失った人たちの住むコンテナ村に集中しました。

電気が無いために下水処理システムが機能していないことも被害を大きくしています。
また3人の子どもの死者も出た模様です。 

緊急事態が宣言されたなか、当会は、特に緊急性の高いハンユニスの222世帯に対して、
1月26日から28日の3日間に毛布、ビニールシート、懐中電灯の配布をしました。

ガザの公立学校とUNRWA学校は冬休み後の24日に開始予定であった春学期を、
悪天候や積雪の可能性により27日に延期しました。

2016年に入り、イスラエルからガザに向けたガスの供給が厳しく制限され、
電力も慢性的に不足しており、寒さが厳しい日常生活に大きな影響が出ています。
また農業被害も大きく、特に養鶏場とグリーンハウスの被害が出ています。

Khanyounis.jpg
写真は、地元のメディアの報道から。

当会では緊急に毛布やLEDライトを配布しました。
KY配布1月

KY配布1月2





2016.02.05 | | 2016ガザ・パレスチナ

荒天のガザでも活動は続く


ガザでも荒天の日が続いていて、学校が休校になる日もあります。
地中海に面するガザは冬に雨がたくさん降ります。

がざ1

現在も一日のうち電気が来るのは6時間程度で、停電が続く中、
暖を取る手段がない家がほとんどです。

特に爆撃などで破壊された家を修復して済んでいる家では、
寒く暗い中で子どもたちが震えていました。


がざ2

戦争で紛争し後遺症のある子どもたちに訪問リハビリ支援をしながら、
毛布なども配布しています。なかなか厳しいリハビリ訓練ですが、
子どもたちは「学校に行けるようになりたい」「外で遊びたい」とがんばっています。


がざ3

2016.01.30 | | 2015ガザ・パレスチナ

厳しい寒さの中で越冬支援継続中

シリア難民支援

日本では最近、本格的な寒さが到来していますが、
中東も新年に入って荒れ模様の日が続いて学校の休校も相次いでいます。

ベカー③

ベカー5

 レバノン東部では、シリアから逃れてきた非常に多くのシリア難民(シリア人・パレスチナ人)が
生活していますが、山岳地帯で非常に寒く夜間には零度以下になり、降雪も多い場所です。

当会では、支援が十分でないパレスチナ人シリア難民を中心とする1000世帯以上に燃料の配布を実施中です。

今週初めには、テントや掘立小屋のようなところで点在する家庭に、給油車を回して配布を行いました。
来月も引き続き燃料配布を実施します。

配布した家庭も訪問しました。牛小屋の上にブロックを積んでトタンの屋根を載せただけの
簡易住宅には、乳児と幼児のいる若い夫婦が住んでいました。雨漏りがするだけでなく、
牛小屋の強烈な匂いがする中で暮らしていました。それでも赤ちゃんが生まれたことを
夫婦はとても喜んでいて、希望を捨てずに生活されているのに感動しました。

2016.01.30 | | 2015レバノン・シリア

«  | ホーム |  »